厚生年金保険

厚生年金保険は、労働者が一定の年齢に達したり、ケガや病気で働けなく

なったり、死亡した場合 に、労働者やその家族の生活の安定を図るため、

年金や一時金が支給される制度です。 適用事業所や適用される労働者の

条件等は、健康保険と同様です。

ただし、厚生年金保険の場合は、70歳に達すると資格を喪失します。

70歳を超えて事業所で働いている人は、厚生年金保険の被保険者になりま

せんが、在職老齢年金の年金調整の対象となるため、事業主は、従業員が

70歳以上被用者に該当または不該当になった場合、「厚生年金保険70歳以

上被用者該当・不該当届」を社会保険事務所等に提出しなければなりませ

ん。