雇用保険

 雇用保険は、労働者が失業したときにすぐに生活に困ることのないよう、

定の条件で給付をう けられるようにしたものです。そのため以前は失業

とも言われていましたが、現在は補償の範 囲がもっと幅広くなり、定年

に給与が下がっても働 き続ける方へ給与の補 助を行う制度(高年齢

続給付)や、育児介護のため一時的に休 業しなければならなくな

た労者に対する助の制度などもあります。

 

■ 加入義務等 

 適用

事業所

 労働者を1名以上雇用している事業所には、加入が義務付

 けられています。(一部業種を除く ※1

 適用

労働者

(基本的な

   考え方 )

 適用事業所に雇用される労働者は、原則として全て被保険

 者となります。 ※2

 

 ただし、パートタイム労働者等短時間労働者の場合は、次

 のいづれにも該当する場合に雇用保険の被保険者となりま

 す。

 @所定労働時間が週20時間以上であること

 A31日以継続雇用が見込まれること 

 保険料の

負担

 事業の種類に応じて定められた保険料を、事業主と労働者

 が一定の割合で負担します。

 ※1 常時5人未満の労働者を使用する個人経営農林水産業は任意適用です。

 ※2  次に揚げる労働者は除かれます。

    @季節的事業(4ヶ月以内の期間を予定して行われるもの)に雇用される者

    

    A昼間学生

    B臨時内職的に雇用される者

    C65歳以上で新たに雇用される者

 

■ 平成22年1月より船員保険の失業部門は雇用保険に統合されました。

      雇用保険と船員保険(失業部門)の統合について
        → 厚生労働省HP http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=145069

 

■ 東京労働局H.P 労働保険関係

   http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/hoken/index.html